ビタミンCは果物トップクラス!柿の人気レシピ3選

669

日本の秋の風物詩「柿」

柿は日本や中国が原産地といわれ、日本では古くから親しまれてきた果物です。庭先で色づいた柿をみると、まさに秋の訪れを感じますね。今回は、柿について、豊富な栄養からオススメのレシピまで詳しくご紹介します。

柿の鮮やかな色素成分に注目!

古くから「柿が赤くなれば、医者が青くなる!」と言われるほど鮮やかな果肉には、β-カロテンやβ-クリプトキサンチン、リコピンなどのカロテロイドが含まれています。カロテノイドは、体内で生成できない色素成分で、活性酸素を消去して、老化や生活習慣病を予防する効果が期待されています。この他、柿には美肌作りに役立つビタミンCや、アルコールの分解を助けて二日酔いを予防するタンニンなどの栄養も含まれています。 特にビタミンCは、果物の中でもトップクラス! 女性に嬉しい果物です♪

選び方のポイント

ヘタの形や色がきれいで、皮にハリとツヤがあり、ずっしりと重みがあるものを選びましょう。ヘタが隙間なく実にはりついていて、全体が均一に色づいているものが良品です。

調理のポイント

そのまま食べるのが一般的ですが、サラダや和え物、酢の物などにしても美味しく、マヨネーズやチーズ、お豆腐やヨーグルトとの相性が○。スムージーも美容効果アップが期待できオススメですよ♪

旬と保存の方法

旬は9~11月。ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。やわらかい柿が好みの場合は、ヘタを上にして常温におくと2日ほどでとろとろになります。熟した柿を冷凍して、凍ったまま食べても美味しいです♪ ぜひ、栄養豊富な柿をいろいろなレシピで味わってみてください!

柿のおいしい健康レシピ3選

秋の味!!柿としめじの白和え
by Shetlanderさん
血糖の安定に働く食物繊維が豊富。豆腐のイソフラボンがインスリンの感受性を改善するといわれます。秋の味覚、柿が際立ちます
秋♪さつまいもと柿のサラダ
by **rose**さん
食材の持ち味を生かして、塩分は何と0.3g。カリウムが豊富な低塩レシピは高血圧の予防、改善にぴったりです。
柿とバナナのスムージー♡
by にいさんぽさん
秋ならではのスムージー!柿はむくみ対策に欠かせないカリウムや、抗酸化作用のあるビタミンCが豊富です。

柿の栄養価(100gあたり)

エネルギー
60 kcal
たんぱく質
0.4 g
脂質
0.2 g
炭水化物
15.9 g
食物繊維
1.6 g
食塩相当量
0.0 g
カリウム
170 mg
カルシウム
9 mg
マグネシウム
6 mg
リン
14 mg
0.2 mg
亜鉛
0.1 mg
ビタミンA
35 µg
ビタミンE
0.1 mg
ビタミンB1
0.03 mg
ビタミンB2
0.02 mg
ビタミンB6
0.06 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
18 µg
ビタミンC
70 mg
ビタミンD
0.0 µg
コレステロール
0 mg
※可食部100gあたりの栄養価です
編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士